2012年10月4日木曜日

さつま芋のみかん煮

じじい(私の父)がゴルフの景品で当たってみかんを一箱プレゼントしてくれたので、久しぶりに「さつま芋のみかん煮」を作りました。本当に純粋にみかんを絞った果汁とほんの少しの塩だけでコトコト煮て最後に甘さがほしかったら火を消してから蜂蜜をいれて甘さを調節します。味もとても爽やかだし、彩りも奇麗なのでお弁当のおかずにも向いています。今日は次女の遠足のお弁当だったのでそれを一品にしました。

次女は割合に地味なおかずも好んで食べてくれるので、お弁当のおかずも悩まずにすみます。「お弁当何が良い?」って聞いたらお姉ちゃんと同じがいい〜という返事だったのでタンドリーチキンとお芋のミカン煮と切り昆布とピーマンの佃煮風を入れてお弁当にしました。
もう小学生の2人は大人の大きさのお弁当箱で良いみたいで、私の感覚ではちょっと多いかな?と思うくらいの内容でしたが、長女は足りないくらいだよ〜だって。うれしい悲鳴です。

1 件のコメント: